当社は昭和33年、南予地区電気器具販売店並びに電気工事業者を取引先とした電気器具及び諸材料の卸売を目的として発足いたしました。
時はあたかも日本経済の急速な発展に伴い流通革命が叫ばれ、電機業界においても流通機構の整備に多大な努力が払われ、卸売店は総合メーカー又は総合商社の系列下に入らなければ経営は不可能とさえ考えられたものでした。
そのような状況の下、昭和38年度より家庭電化製品の扱いを極減し、それに代えて専門メーカーの特色ある製品を取扱い、独自の経営を推し進めることで今日を迎えております。
現在では、南予一円と高知県南西部を市場とし電設資材、電気機器を中心に販売活動を行っております。
 
日新電気興業株式会社  
代表取締役社長 古用 保

トップページへ