NIA 二つの方向

 NIA の実施にあたっては次のように二つに方向、領域に分かれるものである。

 一つはこころの専門家が実施前に関わる方へ心理査定を行い、どのような方針で関わる

 のがよいかのメンタル面での科学的接近となるものである。

 臨床心理士、精神療法、グループワークなどの経験ある医師、何らかの形でメンタルヘル

 スの研修を受け、最初は経験者から指導を受けながら始める保健師、看護師、介護福祉

 士、ケースワーカー、精神保健福祉士などの専門職のものが行うものである。

 もう一つの方向は老人ホーム入所者などに面会に来られる家族の方が入所者が長年親

 しんだ新聞を持参し読んでもらう、もしくは読んで聞いてもらうという作業である。また

 ボランテイアの方がその人なりに判断して入所者等によいと思い関わりとして新聞を利用

 することなどがある。

 当然、二つの間には連続性がみられ、かつ効果ということには質的な差がみられるもの

 である。

 どちらが良い、ということではないが専門家が計画的に行うことには計画性、効果ある

 ものを行うことになろう。

 どちらの方向にも意味はあり高齢者のアンティエージングには寄与することになろう。