スタイルシート

スタイルシートは、WEBページ上の見栄え(レイアウトデザイン)を定義するための技術です。
HTML文章に適用させる場合には、Cascading Style Sheet(カスケーディングスタイルシート)
CSSと呼ばれるものを使って、ホームページの見栄えを細かく指定します。

スタイルシートとCSSが同じものであると思っている人もいますが、これは正しくありません。
スタイルシート機能を実現するための方法の一つが、CSSだと思ってください。
CSSばかりに頼るのは、ブラウザによって見栄えが違いますから、注意が必要です。

CSSの書き方

CSSの書き方には、</head>の上に直接記述する方法と、
CSSファイルを作って、CSSファイルを外部から呼び込む方法(画像を表示させるようなもの)と、
直接<body>内のソース部分に記述する方法があります。

下のソースをコピーして</head>の上に直接記述すれば、リンク文字の下線が消えます。




CSSファイルを作って、CSSファイルを外部から呼び込む方法

この方法が一番使われる方法ですから、確実に覚えてください。

<style type="text/css">
<!--

-->
</style>
の部分を消して、残りのCSS部分をメモ帳に貼り付けます。
メモ帳に貼り付けたら、ファイルから名前を付けて保存、保存の窓が開きますから、
ファイル名をstyle.cssなどの名前にして保存してください。
拡張子がcssであれば、abc.cssなどの名前で保存してもいいです。

保存すれば、CSSファイルが作れているでしょう。style.cssで保存したとしたら、
</head>の上に下のソースを入れると、外部から呼び込まれて、適用されるようになります。
<link rel="stylesheet" href="style.css" type="text/css">


直接<body>内のソース部分に記述する方法は、リンクの下線を消す例でしたら、
<a href="○○.html" style="text-decoration:none;">文字</a>

CSSの書式

a { text-decoration: none; }の部分を解説すると、

{ text-decoration: none; }の部分が、(宣言ブロック)
text-decoration: none;の部分が、(宣言)
a部分が、(セレクタ) text-decorationの部分が、(プロパティ)
noneの部分が、()になります。


スポンサードリンク





玄関に戻るよ