‘カナダへ留学biz’のフロムウエストさんの
「カナダ親子留学」レポート!
newsこのページをご覧の方には、現地でお母さまへはランチまたは、アフタヌーンティーをプレゼントしていただけます!
「R-Trainを見て」とお伝えください。
フロムウエストさんへ




 フロムウエストさんの「カナダ親子留学」のご紹介をさせていただいて、
10年になります。
でも、私にとっては、まだ、10年?と思ってしまうくらい、本当にたくさんの方が親子留学に参加されて、
カナダで素晴らしい経験をされています。

「親子留学」というと、親子それぞれ、現地の学校に通って英語のスキルアップを目指す、というイメージをお持ちの方もいるかもしれません。でも、フロムウエストさんの「親子留学」は、日本とカナダの子どもたちが、英語で遊んだり過ごしたりする機会をもつために、「お母さんもいっしょに、カナダでくつろいで過ごされませんか?」、という日本人のママ目線のもの。そして、滞在中、子どもはもちろん、親の希望もかなえようと気を配ってくれるところが、人気の秘密だと思います。

フロムウエストさんの親子留学は、4度目、5度目の方も多く、「ママと子ども」だけでなく、「パパ、ママ、子ども」、また、「おばあちゃん、ママ、子ども」で参加される方も多いそうです。フロムウエストさんはバンクーバー郊外にありますが、バンクーバーは、「世界で一番住みやすい街」としても有名。おばあちゃんも、安心して「親子留学」に誘えるなんて、素敵ですね。

そして、2010年の今年、バンクーバーといえば、オリンピックが開催されました。バンクーバーの美しい街並みや夜景、おいしそうな食べ物に、「行ってみたいー!」と思うのも、私だけではないはず!?
そこで、改めて、フロムウエストさんの「カナダ親子留学」について、ご紹介いたします。



フロムウエストさんの「カナダ親子留学」ってどんなもの?
たくさんの体験談が、紹介されています!こちらから!
  
フロムウエスト けいこママさんについてご紹介
私が、R-Trainで掲示板を開いて間もない頃、男の子のママとして、英語教材や洋書えほん、海外での子育てについて、惜しみなく情報を提供してくださる方がいました。フロムウエストのけいこママさんです。けいこママさんは、当時から、カナダ在住のライターさんとして、現地の子育てや生活情報を発信されていたことから、バンクーバーの子育て事情にとても詳しく、フロムウエストさんでも、本格的な語学留学はもちろん、年齢の低い子でも、カナダの子どもたちと楽しく過ごせるさまざまなプランを提案してくれます。この細やかなフォローは、大手の旅行会社ではありえない、と言われる方が多いです。(*写真:ステイに来られた女の子を抱っこされています。)

また、プロカメラマン斉藤光一さんに撮影をお願いしての「親子ポートレート」や、英語家庭教師レッスン指導、英語教材フェアやヨガなど、フロムウエストさんだけの、うれしい特別企画があります。ちなみに、斉藤光一さんは、両陛下カナダご滞在時やベッカム親善試合でも撮影されている方です。

けいこママさんに、もう少し詳しく聞いてみました!
●けいこママさんにお願いできることはなんですか?

(けいこママさん)


●お客様のご要望をお聞きして、それに合わせてご提案し、その手続きの代行と、ご滞在中のサポートをさせていただきます。

フロムウエストのオフィスはバンクーバーの郊外にあるため、日本からいらっしゃる大事なお客様のホームステイ先やデイケアは、フォローできるエリアに決めています。そこで、カナダ・ノースバンクーバーにあるホームステイ先に滞在していただき、お子様はデイケア、また、デイキャンプ、ご希望があれば、お母さまにも語学学校をはじめ、さまざまなご案内、お手伝いをいたします。ホームステイ先は基本的に、英語スピーカーの家庭をご紹介しますが、ご希望の方には、日本人、あるいは日本語の話せるホストファミリーをご紹介いたします。

夏のカナダは旅行客も多いのですが、大手とタイアップしていないプログラムを極力選んでいますので、日本からのお子様が重なることは極力避けています。

ご希望であれば、オプションになりますが、観光の手配もさせていただきます。
滞在中もできるだけ快適に暮らしていただくために、ちょくちょく滞在先に顔を出したり、連絡をし続けますので語学が苦手なママさんもとりあえず、飛行機に乗って空港に降りたっていただければ大丈夫、という体制をとっています。さらに怪我や病気の際は親切な医療通訳さんにお願いできますし、事件や事故の際には弁護士さんにも無料相談ができますので、どうぞ安心してお越し下さい。

*デイケア:普通は未就学児童を朝から夕方まで預かり、放課後は12才以下の子供を預かったりしています。

●ホームステイ以外に泊まる方法はありますか?

はい。カナダに長期滞在したいけれど、ホームステイはあまり・・・、とか、
自分が作ったものを食べたい、という方は、ベースメントスィートやアパートの滞在(1か月以上)をお勧めいたします。

さらにダウンタウンでのお住まいをご希望される場合、バンクーバーでのキッチン付きホテル滞在をお勧めいたします。

●具体的なプラン、どんなものですか?
体験談をご覧になっていただくとわかりますが、同じプランはないかも・・・というぐらい、
それぞれのお客様のニーズにお応えしています。多くの3-5才までのお子様はパートキャンプ、5−12才までのお子様はデイキャンプ(朝9時頃〜3時または4時頃まで)に参加され、
その間、親御さんは、 @リラックスタイムA観光B3時間ぐらいの語学学校。
クッキングやヨガ、写真レッスンを受ける方もいます。

ご滞在期間中に開催されるフリーイベントや、図書館でのプログラム、シルクドゥソレイユやロバート・マンチのストーリーテリングのコンサートなど有料イベントのチケット購入のお手伝い、また、フロムウエストの特別企画(親子フォト、親子ヨガ、親子クッキング)などのご案内もいたします。週末は@オプショナルツアーA英語家庭教師Bフランス語家庭教師C親子クッキングレッスンD親子ヨガEプロのカメラマンによる親子ポートレート撮影Fお子様の習い事
(バレエ・体操・スイミング・冬季はスケートなど)で、夜10時近くまで明るいカナダの夏をご家族でお楽しみいただけます。

デイキャンプとは・・・
5-6才〜12才(13才以上のコースキャンプもあり)のお子様を対象とした主に日帰りのプログラム。朝9時ぐらいから午後3時または4時頃までで、リーダーの方を中心にさまざまなアクティビティのプログラムがあり、
内容により料金も違います。ジェネラルのもの(フィールドトリップを中心に、プールやビーチ、ウォーターパークなどに行く)、
午前中英語+午後アクティビティ(プール)やアート、スポーツ、コンピューター、サイエンスなど、たくさんの種類があります。
デイケアでも夏はプログラムをデイキャンプに変えているところがあります。
ちなみに、うちの子供たちがよく参加したのはジェネラルのデイキャンプで、毎日いろいろな場所に行きました。グラウスマウンテン、サイエンスワールド、プール、ビーチ、ウォーターパーク、リンキャニオン(渓谷)、サスペンションブリッジ、スタンレーパーク、博物館など。他にはスポーツキャンプ。これはきつかったようで、柔軟体操から始まり、日替わりでバスケット、サッカー、バレーボール、ランニング、水泳など。
フロムウエストの一番人気は、ジェネラルのデイキャンプです。地元の子ども対象のものなので、カナダ人の子どもたちと一緒に参加します。机上でのお勉強はありませんが、生きた会話、言葉のシャワーで、友達が出来たり、話せないもどかしさを感じながら、次回へのモチベーション作りに役立ちます。
3−4才のお子様はミニキャンプまたはハーフキャンプで1時間半ぐらいから
2時間半ぐらいのデイキャンプ参加が可能。体操、空手、アートなど。
デイキャンプ参加の場合、日本語通訳はおりませんので、「トイレに行きたい」「具合が悪い」などの大事な言葉は、必ず覚えていってください。どうしても慣れず、泣き止まない場合や鼻血を出したりした場合に限り、携帯電話に連絡が来ますので、親御さんは地元で使える携帯を持参または購入されることをお勧めします。

★フランス語のデイキャンプも選べます。

カナダは、フランス語教育にも熱心な国。フランス語のデイキャンプも人気です。
フランス語オンリーですが、先生が英語フランス語のバイリンガルなので、英語ができれば、
参加して困ることはないようです。

●夏のアクティビティの一例

●ウォーターパーク●シンフォニーオブファイアー(花火)●水族館
●サイエンスワールド ●動物園 ●ビーチ(海・湖)●プール
●サイクリング●テニス●ハイキング●ピクニック
●市内観光 (バンクーバー・North/West バンクバー・ホワイトロック・
スティーブストン等) ●カヤック
●ヴィクトリアツアー●ウィスラーツアー●シアトルツアー

●カナダのお勧めはいつですか?

●夏のカナダは気候が最高です。イベントも豊富ですし、とても美しいです。冬はスキー、スケートも楽しめますので、ウィンタースポーツがお好きなファミリーにお薦めです。

●語学力は・・・?

英語力があればホームステイもデイキャンプもさらに実りあるものになりますが、お子様を見ていて感じるのは、ある程度、順応性のあるお子さんは英語力がなくても、友達が出来たり、かなり楽しんでいるようです。また、最初はモジモジ君でも、思い切って、えいっと入ってしまうと、うまくなじんでいく場合が多いです。

●小さい子どもとカナダに行く場合、けいこママさんのお勧めプランを教えてください。

●期間

ご都合に合わせられますが、理想ということでしたら、最低期間7泊です。
デイキャンプのプログラムは月〜金が基本ですので、それに合わせて予定を組まれる形です。
土曜日到着、日曜日はリラックス、月曜から金曜がデイキャンプ、土曜日出発です。


●季節

1年中を通して受け付けておりますが、1番気候がよくて、プログラムが豊富なのは夏です。
冬は人が少ないために、のんびりとスキーやスケートなどウィンタースポーツを満喫できます。

●滞在場所

ノースバンクーバー市でのホームステイになります。


以上、カナダの親子留学の様子をまとめました。
詳しくは、from westさんへ行ってみてください。親子留学以外にも、カナダでの有意義な過ごし方プランが、
満載です。
なお、このページを見て、カナダの親子ステイに参加された方は、
お母さんに滞在時のランチまたは、アフタヌーンティーをプレゼントしていただけます。
「R-Trainを見て」とお伝えください。●from westさんへ

また、この記事は、けいこママさんのご厚意でご協力頂いたものです。
(*宣伝記事ではありませんので、よろしくお願いします。)


フロムウエストさん
男の子2人の子育てを通してママの目で選んだ、アットホームな親子留学プランが、大好評!日本とカナダの英語育児事情にお詳しいけいこママさんだからこそできる、日本の親子への気配りと優しさがいっぱいです。
なんでも相談してみてください。親切なお返事をいただけます。